【Laravel 5.4 + Vue.js(Vuex)】Laravelインストール、MySQL接続、ログイン認証機能まで

2017-09-27

Laravel5.4をインストールする。

composerを使用してインストールします。(composerは別途インストールする。)

 

プロジェクトを置きたいディレクトリ直下で、以下コマンドを実行する。

“order_by_task”の部分は、プロジェクトのフォルダ名なので自分の好きな名前を記載する。

 

インストール完了後、order_by_taskフォルダに、Laravelのアプリケーション群が作成されていることを確認する。

スクリーンショット 2017-03-29 10.21.07

 

今回は、Valet上で開発しているので、ブラウザで「 http://order_by_task.dev」にアクセスし、Laravelが正常に起動していることを確認する。(Valet超便利!)

 

※通常は以下コマンドで、Webサーバを起動し、「 http://127.0.0.1:8000 」にアクセスする。

スクリーンショット 2017-03-29 10.27.27

MySQLと接続する。

rootでMySQLにログインし、データーベースを作成しておく。

あわせて、ユーザーの追加と権限の設定もしておく。

.envファイルに「データベース名」「ユーザー名」「パスワード」を編集します

認証用のテーブルを作成する

「php artisan migrate」を実行し、認証用のテーブル作成をする。

migratie実行時のエラー1

下記のエラーがでた場合は、AppServiceProvider.phpファイルを編集して、ブートメソッドにデフォルトの文字列長を追加し、再度マイグレーションする。

※既に空のmigrations、usersテーブルが作成されてしまっているのでテーブル削除してから実施すること

migratie実行時のエラー2

下記のエラーがでた場合は、MySQLのバージョンが5.5未満で「utf8mb4」に対応していないので、MySQLのバージョンを上げるか、/config/database.phpファイルを修正します。

認証用のルート、コントローラ、ビューを作成する

以下のコマンドを実行するだけで完了。

再度ブラウザでアクセスするとユーザー登録と、ログインメニューが表示されます!

すごい・・・。

 

 

この記事がお役に立てたら、是非シェアをお願いします^^